精神病診断で自分の不調に気付く|どのような病気であるかを判断

サイトメニュー

精神的病気の治療法

男性

診断の重要性

ストレス過多である現代では、様々な精神病を患ってしまう人が増えています。精神病とは、見た目では分からない心や脳の病気のことです。外的損傷がないため、医師でも判断が難しく、また治療も難しいという特徴があります。うつ病や、パニック障害、不安神経症、双極性障害などが主な例です。精神病の特徴としては、自分で病気であると気づきにくいということが挙げられます。ただの不調、精神的に不安定なだけ、であると自分で判断してしまい、気づいたときには症状が重く悪化してしまっているということも少なくありません。そのために、まずは自分や周りがいち早く異常に気付き、適切な医療機関を診断することが必要になります。医療機関では、様々な検査のもと、どのような精神病であるかを判断してくれます。検査は、血液検査や尿検査、血圧などの一般的な検査を始め、カウンセリングを中心にしながら進められていきます。特に精神病診断は、カウンセリングで患者が語る言葉、現在の状況や気持ちを一番の材料として行われます。精神病はとても複雑な病気のため、一度のカウンセリングでは分からないことも多く、数回に分けて精神病診断をすることもあります。このカウンセリングをしっかり行っておくことで、医師は症状やストレスの原因、不安な気持ちなどを細かく知ることが出来、どのような病気であるかを判断することが出来ます。同じ精神病でも、病気の種類によっては処方される薬やカウンセリング方法も異なるため、精神病診断は慎重に、正確に行う必要があるのです。適切な医療機関で精神病診断を受け、病気の種類が判明したら早速治療に取り掛かっていきます。治療は、カウンセリングを中心に内服薬を処方されることがほとんどです。薬の服用によって心をコントロールする練習を行い、少しずつ症状を緩和させていきます。しかし、そもそも心療内科や精神科というところを受診するのが怖い、抵抗があると考える人も少なくありません。病気だと認めたくない、自分はまだ頑張れる、という気持ちから、そのような心が芽生えます。しかし、気軽に行った精神病診断のためのカウンセリングで様々なストレスや悩みを話す、ということ自体がストレス発散になり、心を落ち着かせることが出来るという人もいるのです。家で自分一人と戦っているよりは、多少抵抗があっても勇気を出して医療機関を受診するということは、とても大切なことなのです。一歩を踏み出さなければ、何も解決することは出来ません。また、医師と話すことで、自分の知らなかった潜在的な悩みやストレスを知ることが出来る場合もあります。幼少期のトラウマや、気づかなかったストレスに気付くことが出来れば、それが完治の糸口となり、治療もスムーズに行えます。そのため、まずは気軽な気持ちで医療機関を受診してみると良いでしょう。精神科や心療内科には、話を聞いてほしい、というライトな気持ちで訪れる人もたくさんいますので、臆することはありません。特に現代は何らかの精神病を患っている人はたくさんいるため、自分を異常とは考えず、心と体の健康を守るために行動を起こしましょう。

女性

自分の心と身体を守ろう

精神病診断は心と身体の病気を見つけるのに欠かせない診断です。病気を早めにみつけて治療を始めることが早期回復につながります。大切な自分の身体の健康を守る為に、なるべく早めに精神病診断を受けるよう心がけましょう。

カウンセリング

症状で診療科を選ぶ

精神病診断を受けられる診療科は精神科、精神神経科、心療内科などが対象になります。受診するのが心配な場合には事前に問い合わせをしておくと良いでしょう。また健康保険が適用されるので、かかる費用はそこまで高額になることはありません。

病院

精神疾患は重くなる前に

適切な方法で精神疾患を治したいと考えるなら、専門家の指導の下で、薬を使った治療を行う必要があります。精神疾患を確かめられるチェックリストがありますので、そちらを利用してから、精神科や心療内科で精神病診断してもらうのもよいでしょう。